中古車も海外進出の時代

中古車も海外進出の時代

日本では新車を買って、古くなったり飽きたりしてきたら、ディーラーで下取りに出して新型車購入したり、買取店で買い取ってもらって、他の車を買ったりという一つの流れができていますが、諸外国、それも先進国といわれる国でもここまできちっとした「流れ」というものが確立されていないというのが実情です。

 

特に中古車販売においては日本はかなりシステム化されたものがあり、諸外国より一歩リードした形となっています。

 

そういったところに目を付けたのがガリバー、2014年11月あたりから日本で買い取った車を日本だけではなく、海外のニュージーランドで販売することにしたようです。

 

今までも海外での販売はアメリカなど北米でスポット的に行っていたのですが、今度のニュージーランドではしっかりと店舗を構えて、腰を据えた商売するようです。

 

ガリバー以外の買取店でも海外に中古車を輸出しているところもありますが、それは海外の中古車オークションを通じてということで、あまり一般的ではないようです。

 

それにはニュージーランドにガリバーのような大手中古車店がないこと、日本と同じ右ハンドルであることが理由となっているようです。

 

新車のみならず中古車もどんどん輸出されるようになりそうです。

 

サイトマップ